広告 irumoでiPhoneを使う

AppleStore購入のSIMフリー版iPhoneをirumo(イルモ)で使う方法を解説

2024年3月24日

AppleStore(アップルストア)、Amazon、家電量販店等で購入したSIMフリー版iPhoneをirumo(イルモ)で使う方法を解説。

irumoサイトで他社から乗り換えでdポイント貰える!

irumo
  • 【SIMのみ】エントリー不要+他社から乗り換え+0.5GBプランを契約するとdポイント3300ポイント貰える!
  • 【スマホ】エントリー不要+irumoを新規or他社から乗り換え+ドコモオンラインショップで対象スマホ契約でdポイント10,000ポイントプレゼント
    ※貰えるdポイントは「期間・用途限定」

キャンペーン詳細は、irumo(イルモ)キャンペーン・割引まとめ記事をご覧ください。

irumo(イルモ)でSIMフリー版iPhoneを使うときの基礎知識

iPhone 6からiPhone 15シリーズ/iPhone SE(第3世代)まで動作確認済み

irumoでは、SIMフリー版iPhone 6からiPhonne 15シリーズ/iPhone SE(第3世代)までの機種で動作確認が実施されています。

irumoでも絶対に使えるのでご安心ください。

製品名データ通信音声通話
SMS送受信
テザリング
iPhone 15
iPhone 15 Plus
iPhone 15 Pro
iPhone 15 Pro Max
【4G通信】対応
【5G通信】対応
対応
iPhone 14
iPhone 14 Plus
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
【4G通信】対応
【5G通信】対応
対応
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
【4G通信】対応
【5G通信】対応
対応
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
【4G通信】対応
【5G通信】対応
対応
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
【4G通信】対応
【5G通信】非対応
対応
iPhone XS
iPhone XR
iPhone XS Max
【4G通信】対応
【5G通信】非対応
対応
iPhone X【4G通信】対応
【5G通信】非対応
対応
iPhone 8
iPhone 8 Plus
【4G通信】対応
【5G通信】非対応
対応
iPhone 7
iPhone 7 Plus
【4G通信】対応
【5G通信】非対応
対応
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
【4G通信】対応
【5G通信】非対応
対応
iPhone 6*1
iPhone 6 Plus*1
【4G通信】対応
【5G通信】非対応
対応
iPhone SE(第3世代)【4G通信】対応
【5G通信】対応
対応
iPhone SE(第2世代)【4G通信】対応
【5G通信】非対応
対応
iPhone SE(第1世代)【4G通信】対応
【5G通信】非対応
対応

 

iPhone 12シリーズ以降は5G通信に対応

  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone 14シリーズ
  • iPhone 15シリーズ

は5G通信に対応しています。

irumoのSIMカードやeSIMを入れたiPhoneを持ってドコモの5Gエリアに行くと、ドコモの5Gデータ通信が利用可能です。

iPhone XS/XS Max/XR以降はeSIMに対応

iPhone XS/XS Max/XR以降の機種がeSIMに対応しています。SIMカード+eSIMのデュアルSIMが利用可能です。

また、iPhone 13シリーズ/iPhone SE(第3世代)以降の機種は、SIMカード+eSIMのデュアルSIMに加えて、eSIM+eSIMのデュアルSIMに対応しています。

製品名eSIM
iPhone 15
iPhone 15 Plus
iPhone 15 Pro
iPhone 15 Pro Max
対応
SIMカード+eSIM対応
eSIM+eSIM対応
iPhone 14
iPhone 14 Plus
iPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
対応
SIMカード+eSIM対応
eSIM+eSIM対応
iPhone SE(第3世代)対応
SIMカード+eSIM対応
eSIM+eSIM対応
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
対応
SIMカード+eSIM対応
eSIM+eSIM対応
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
対応
SIMカード+eSIM対応
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
対応
SIMカード+eSIM対応
iPhone XS
iPhone XR
iPhone XS Max
対応
SIMカード+eSIM対応

irumoでもiOSの「eSIMクイック転送」が利用可能!

2023年3月28日から、ドコモでもeSIMクイック転送機能が利用できるようになったため、irumoのSIMカードをeSIMに変換して新iPhoneに転送、旧iPhoneのirumoのeSIMを新iPhoneに転送できるようになりました。

そもそもeSIMクイック転送機能はiOS側の機能で、2022年9月13日にリリースされた「iOS 16」から利用できるようになりました。

eSIMクイック転送を利用するための条件

  • 新しく利用されるiPhone(新端末)と、今まで利用していたいたiPhone(現端末)をiOS16.4/iPadOS16.4以上にアップデートする
  • iPhoneのSIMロック解除が完了している

eSIMクイック転送対象機種

  • iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 mini
  • iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 mini
  • iPhone 14、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Max、iPhone 14 Plus
  • iPhone 15、iPhone 15 Pro、iPhone 15 Pro Max、iPhone 15 Plus
  • iPhone SE(第3世代)

irumo公式サイトはこちらから!

irumo公式サイト

青いボタンを押すとirumo公式サイトに移動します

irumo(イルモ)のSIMカード/eSIMをiPhoneに入れて使うときによくある勘違い

SIMカードには動画・画像・アプリ・LINEなどのデータは保存されていない

よく勘違いする人が多いんですが、SIMカードには画像・動画・LINEのトーク履歴・アプリなどのデータは保存されていません。

SIMカードを入れ替え・差し替えしても、iPhone内にある画像や動画、アプリのデータが消えることはありません。

SIMカードを入れ替えただけでデータが消えるならもっと大問題になっているはずです。

irumoのSIMカードは自由に入れ替え・差し替えOK

irumoのSIMカードは、iPhoneに入れても使えますし、Androidスマホに入れても使えます。入れ替え自由です。

  • irumoのSIMカードをiPhoneに入れてしまうと、それ以降はiPhoneでしか使えなくなる(ロックされる)
  • irumoのSIMカードをXperia、AQUOSに入れても認識しない

なんてことは絶対に無いです。ご安心ください。

「4G非対応」iPhoneから「5G対応」iPhoneに自分で機種変更するとき、irumoのSIMカード交換は一切不要

  • すでにirumoのSIMカードを契約している
  • 5Gに対応していないiPhone、たとえばiPhone 11を利用中とする
  • Apple StoreでSIMフリー版iPhone 15 Proを購入予定である
  • iPhone 15 Proは5G対応にしているが、irumoのSIMカードの交換は必要か?

結論から言うと不要です。irumoのSIMカードはそのまま使えます。

iPhone 11からirumoのSIMカードを抜いて、iPhone 15シリーズにirumoのSIMカードを入れてください。

SIMカードの再発行手続きも不要ですし、「5G対応SIMカードへ交換」といった手続きも不要です。ご安心ください。

eSIM契約時は、iOSのeSIMクイック転送機能を利用するか、eSIM再発行手続きしてiPhone 15 ProにirumoのeSIMプロファイルをダウンロードしてください。

irumoでSIMフリー版iPhoneを使う方法

SIMフリー版iPhone購入後、irumoでSIMカードを契約する場合

  • まだirumoを契約しておらず、新規契約・他社から乗り換え(MNP)で契約する予定
  • irumoではSIMカードを契約する
  • irumoでは自分で用意した新しいSIMフリー版iPhoneを使う

ときの手順は以下の通り。

手順

  • Apple Store等でSIMフリー版iPhoneを購入する
  • irumo申し込みにはdアカウントが必要なので、dアカウントを作成しておく
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を取得する(MNPの場合)
  • クレジットカード、本人確認書類(&補助書類)、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  • irumo公式サイトにアクセスする
  • 「ご利用中の携帯会社を選んでください」では、【他社携帯電話】を選択する
  • 「購入するSIMを選んでください」では、【SIM】を選択する
  • 「契約方法の選択」では、【新規契約】または【他社からの乗り換え(MNP)】を選択する
  • 料金プラン、音声通話オプション、ドコモメールオプションを選択する
  • あとは画面の指示に従って操作・入力して、irumoの申し込みを完了させる
  • 数日後にirumoのSIMカードが手元に届く
  • irumoのサイトからdアカウントにログインし、切り替え手続き(開通手続き)を完了させる
  • iPhoneにirumoのSIMカードを入れて電源オン
  • iPhoneの初期設定を行う。クイックスタート機能などを利用して、旧iPhoneからSIMフリー版iPhoneにデータ移行する
  • iPhone内に他社APN構成プロファイルがあるなら削除する
  • 発信テスト用番号へ電話をかけて利用開始

irumoはSIMカードを新規契約したときでも、「開通手続き」が必須です。

開通手続きをしていない状態でirumoのSIMカードをiPhoneに入れても圏外になります。

SIMフリー版iPhone購入後、irumoでeSIMを契約する場合

  • まだirumoを契約しておらず、新規契約・他社から乗り換え(MNP)で契約する予定
  • irumoではeSIMを契約する
  • irumoでは自分で用意した新しいSIMフリー版iPhoneを使う

ときの手順は以下の通り。

手順

  • Apple Store等でSIMフリー版iPhoneを購入する
  • irumo申し込みにはdアカウントが必要なので、dアカウントを作成しておく
  • SIMフリー版iPhoneのEIDを確認しておく
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を取得する(MNPの場合)
  • クレジットカード、本人確認書類(&補助書類)、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  • irumo公式サイトにアクセスする
  • 「ご利用中の携帯会社を選んでください」では、【他社携帯電話】を選択する
  • 「購入するSIMを選んでください」では、【eSIM】を選択する
  • 「契約方法の選択」では、【新規契約】または【他社からの乗り換え(MNP)】を選択する
  • 料金プラン、音声通話オプション、ドコモメールオプションを選択する
  • あとは画面の指示に従って操作・入力して、irumoの申し込みを完了させる
  • 「eSIM利用開始手続きのご案内」メールが来ると、eSIM開通手続きができるようになる
  • irumoのサイトからdアカウントにログインし、切り替え手続き(開通手続き)を完了させる
  • iPhoneにirumoのeSIMプロファイルをダウンロードする。iPhoneの初期設定中、初期設定後、手動でプロファイルをダウンロードする方法の3種類あり
  • iPhone内に他社APN構成プロファイルがあるなら削除する
  • 発信テスト用番号へ電話をかけて利用開始

この手順はあくまで一例ですが、この手順でやっていくと、iPhoneの初期設定中にirumoのeSIMをインストールしてくれます。

iPhoneの外箱の裏面のEID部分を確認して手入力するか、EID部分をiPhoneのカメラで撮影し、iPhone や iPad で写真の中のテキストをコピーおよび翻訳するで紹介されている「テキスト認識表示」機能を使ってコピペする方法もあります。

他の手順としては、先にSIMフリー版iPhoneにデータ移行などの初期設定を完了させてからirumoのeSIMを申し込む、という手もあります。

irumoのSIMカード契約中で、SIMフリー版iPhoneを購入する場合(SIMカード差し替えの場合)

  • すでにirumoを契約中である
  • irumoではSIMカードのみ使っている
  • 自分で用意した新しいSIMフリー版iPhoneを使う

ときの手順は以下の通り。

簡単な流れ

  • Apple StoreなどでSIMフリー版iPhoneを購入する
  • 今利用しているiPhoneからirumoのSIMカードを抜く
  • SIMフリー版iPhoneにirumoのSIMカードを入れる
  • iPhoneの初期設定を行う。クイックスタート機能などを利用して、旧iPhoneからSIMフリー版iPhoneにデータ移行する
  • iOSバージョンやキャリア設定アップデートを最新状態にする
  • Wi-Fiをオフにして、irumoの利用開始

SIMカードの交換手続きは不要です。発信用テスト番号への発信も不要です。

今使っているirumoのSIMカードをそのまま使えます。SIMカードを入れ替えるだけでいいんです。

古いiPhoneからirumoのSIMカードを抜いて、iPhone 15にirumoのSIMカードを入れれば、iPhone 15でデータ通信・音声通話・SMS送受信・テザリングが利用できます。

irumoのeSIM契約中で、SIMフリー版iPhoneを購入する場合(eSIMを利用したい場合)

  • すでにirumoを契約中である
  • irumoではeSIMのみ使っている
  • 今使っているiPhoneがもう古い。自分で用意した新しいSIMフリー版iPhoneを使いたい(=いわゆる持込機種変更)
  • iOSのeSIMクイック転送機能を利用する

ときの手順は以下の通り。

簡単な流れ

  • Apple StoreなどでSIMフリー版iPhoneを購入する
  • SIMフリー版iPhoneで初期設定を行う。クイックスタート機能などを利用して、旧iPhoneからSIMフリー版iPhoneにデータ移行する
  • 初期設定の途中で、「モバイル通信を設定」画面になるので、eSIMをSIMフリー版iPhoneに転送する
  • iOSバージョンやキャリア設定アップデートを最新状態にする
  • 発信テスト用番号(111/通話料無料)に電話をかけて、正常に利用できることを確認
  • Wi-Fiをオフにして、irumoの利用開始

irumoでSIMカード/eSIMを契約するときの手順を解説

【手順①】iPhoneのSIMロック解除手続きをする

ドコモ以外のキャリアで購入したiPhoneをirumoで利用する場合は、iPhoneを購入したキャリアでSIMロック解除手続きをしてください。

SIMロックを解除していないiPhoneにirumoのSIMカードを入れても、iPhoneはSIMカードを認識しません。

【手順②】MNPワンストップ方式で手続きするか、MNP予約番号を発行するか決める

MNPワンストップ

今契約しているキャリア・サブブランド・格安からirumo乗り換えする場合、移転元のキャリアでMNPの手続きを行う必要があります。

手続き方法は、①MNP予約番号を発行して申し込む方法、②MNPワンストップ方式を利用して申し込む方法、の2つの方法が利用できます。どちらを利用してもOKです。

MNPワンストップ方式とは、従来必要だったMNP予約番号の発行手続きが不要になる制度です。

MNPワンストップ対応事業者

  • ドコモ/ahamo/irumo
  • au/沖縄セルラー/UQ mobile/povo
  • ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO
  • 楽天モバイル
  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)
  • ジャパネットたかた通信サービス
  • b-mobile(日本通信)
  • mineo
  • センターモバイル
  • LPモバイル

たとえば楽天モバイルとドコモはMNPワンストップ対応事業者のため、楽天モバイルからドコモirumoに乗り換えるときはMNP予約番号を発行が不要です。

もちろん楽天モバイルでMNP予約番号を発行してドコモirumoに乗り換えてもOKです。

MNP予約番号の発行方法

MNP予約番号の有効期限は発行日を含めて15日間で、irumoの契約にはMNP予約番号の有効期限が10日以上残った状態での申し込みが必要です。取得したらすぐにirumoに申し込むようにしましょう。

格安SIMのなかにはMNP予約番号を即時発行せず、発行に最大3日程度がかかるところがあります。狙った日に申し込めばいので注意しましょう。

ドコモ/ahamoを利用中の人

au/沖縄セルラーを利用中の人

UQモバイルを利用中の人

povo2.0/povo1.0を利用中の人

ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMOを利用中の人

楽天モバイルを利用中の人

【手順③】dアカウント作成、irumo契約に必要なものを用意しておく

irumoの申し込みに必要なdアカウント、本人確認書類、クレジットカードまたは口座情報を用意しておきましょう。

dアカウントについて

irumoの申し込みにはdアカウントが必要です。1つのdアカウントで契約できるirumo回線は1つだけです。

irumo申し込みの途中で「メールアドレスを入力する」「Googleのメールアドレスを利用する」「Yahoo! JAPANのメールアドレスを利用する」の3つの方法がありますが、irumoの申し込みと同時併用で何かしようとすると混乱するので、あらかじめdアカウントを作成しておくことをオススメします。

新規作成ガイド | dアカウントを参考にして、新しくdアカウントを発行してください。dアカウントは誰でも利用可能な無料の共通IDです。ドコモやahamoを契約していない人も発行できます。GmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスを使って作成するのがオススメです。

本人確認書類

  • 運転免許証(国際運転免許証除く)
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳(障がい者手帳)
  • 療育手帳
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

本人確認書類以外に補助書類が必要な場合があります。在留資格が「永住者」またはeKYCによる本人確認書類を提出する場合は、外国発行パスポートは不要です。

クレジットカードまたは口座振替が利用可能

契約者本人名義のクレジットカードまたはキャッシュカードを用意してください。口座振替でも支払いできます。

【手順④】irumoのSIMカード/eSIMを申し込む

irumo公式サイトからSIMカード/eSIMを申し込んでください。

手順

  • irumo公式サイトにアクセスする
  • 「ご利用中の携帯会社を選んでください」では、【他社携帯電話】を選択する
  • 「購入するSIMを選んでください」では、【SIM】または【eSIM】を選択する
  • 「契約方法の選択」では、【新規契約】または【他社からの乗り換え(MNP)】を選択する
  • 料金プラン、音声通話オプション、ドコモメールオプションの有無を選択する
  • あとは画面の指示に従って操作・入力して、irumoの申し込みを完了させる

「ご利用中の携帯会社を選んでください」では、au/UQモバイル/povo、ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO、楽天モバイル、その他格安SIMからirumoに乗り換える場合、新規契約する場合は、【他社携帯会社】を選択してください。

「購入するSIMを選んでください」では、【SIM】または【eSIM】を選択してください。

契約方法の選択」では、【新規契約】または【他社からの乗り換え(MNP)】を選択してください。

提出方法の選択

irumo契約時の本人確認書類の提出方法は、「スマホで顔写真を撮影」と「画像アップロード」の2つの方法があります。

「スマホで顔写真を撮影」は、スマホまたはPCのカメラで撮影した本人確認書類と顔の画像を送信することにより本人確認を実施します。スマホでの撮影が推奨されています。

「画像アップロード」は、本人確認書類の画像をアップロードすることで本人確認を実施します。

irumoのSIMカード/eSIMの開通手順を解説

【手順①】irumo手続きサイトで開通手続きをする

irumo回線を使えるようにするために、irumo手続きサイトで開通手続き(回線切り替え手続き)をする必要があります。

他社から乗り換え(MNP)の開通手続きの受付時間は、午前9時から午後9時までです。

開通手続きが完了すると、今契約している携帯電話会社や格安SIMとの契約が自動で解約され、irumoが開通します。

たとえばauからirumoに乗り換える人が、10月3日にirumoで開通手続きした場合は、10月3日付けでauとの契約が自動で解約され、auのSIMが無効・圏外になります。auで解約手続きは不要です。

WEBでの開通手続き

  • irumo手続きサイトを起動し、申し込み時に登録したdアカウントでログイン
  • 回線手続きに必要な2つの手順を確認して、[回線切り替えへ]をタップ
  • 開通する電話番号や注意事項を確認して、問題なければ[回線切り替えを行う]をタップ

MNP予約番号の有効期限内での開通手続きしてください。MNP予約番号の有効期限が過ぎた場合は、チャットにて問い合わせください。問い合わせなくMNP予約番号の有効期限が過ぎた場合は、商品受け取りから1か月後に、契約の申し込みが取り消しされます。

【手順②】iPhoneにirumoのSIMカードを入れる/eSIMプロファイルをインストールする

irumoの開通手続きが完了したら、iPhoneにirumoのSIMカードを入れる/irumoのeSIMプロファイルをインストールしてください。




iPhoneにirumoのSIMカードを入れる

iPhoneにirumoのSIMカードを入れてください。irumonoSIMカードは「nanoSIM」サイズだけなので、切り取りに失敗することはありません。

irumoのSIMカードを初めて入れると「アクティベーション」を求められることがある

au/UQモバイル、ソフトバンク/ワイモバイルなどのキャリアで購入して、SIMロックを解除手続きをしたiPhoneに、irumoのSIMカードを入れて初めて電源をオンにしたとき、「アクティベーション」を求められることがあります。

アクティベーションを求められた画面の指示に従ってらApple IDとパスワードを入力してサインインしてください。サインイン後ホーム画面に移動したら、iPhoneの電源を切って再起動するとアクティベーション完了です。

再起動しないと通話が終了できなくなる可能性があるので、必ず実施してください。

iPhoneにirumoのeSIMプロファイルをダウンロードする

iPhoneにirumoのeSIMプロファイルをダウンロードする

irumoのeSIMプロファイルをiPhoneにダウンロードする方法=モバイル通信を設定する方法は3つあります。

  • 【これからiPhoneの初期設定を行う場合】初期設定中にモバイル通信を設定する画面が表示されるので、画面の指示に従って操作する
  • 【すでにiPhoneの初期設定が完了している場合】プッシュ通知をタップするか、設定メニューから「モバイル通信の設定を完了」をタップして操作する
  • 手動でeSIMプロファイルをダウンロードする

【手順③】iPhoneはAPN設定不要だが、他社APN構成プロファイルがあるなら削除

iPhoneにirumoのSIMカードを入れる/eSIMプロファイルの設定が完了するとAPN設定が自動で完了します。irumoではAPN構成プロファイルは提供されていません。

ただしirumoの前に、

  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • IIJmio
  • mineo
  • BIGLOBEモバイルなどの格安SIM

などを利用していて、iPhoneにirumoではない他社のAPN構成プロファイルをインストールしている場合は、APN構成プロファイルを削除してください。

「○○からirumoに乗りかえたらiPhoneが圏外になって使えない!」とか、「○○では問題なく使えたのにirumoでは使えなくなった!」とか言ってる人は、確実に他社のAPN構成プロファイルがiPhoneに残っています。削除してください。

APN構成プロファイルの削除手順

  1. 「設定」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「プロファイルとデバイス管理」をタップ
  4. 他社のAPN構成プロファイルをタップ
  5. 「プロファイルを削除」をタップ
  6. パスコードの入力を求められた場合は、画面に従って入力
  7. 「削除」を選択
  8. 削除完了

【手順④】発信テストを行う

発信テスト用番号(111/通話料無料)に電話をかけてください。

その後、iPhoneのWi-Fiをオフにして、モバイルデータ回線を使ってSafariやChromeなどのブラウザアプリでWebサイトが見れることを確認してください。

電話もデータ通信も問題なければirumoが無事に開通しています。お疲れさまでした。

  • iPhoneのSIMロックが解除できている
  • irumo側で回線切り替え手続きが完了している(他社から乗り換え契約時)
  • iPhone内にある他社APN構成プロファイルを削除している
  • iPhoneにirumoのeSIMをインストールしている
  • インストールしたirumoのeSIMプロファイルを誤操作によって削除していない

ここまでの作業が完璧であれば、無事にirumoのSIMで通信ができるようになっているはずです。

irumo公式サイトはこちらから!

irumo公式サイト

青いボタンを押すとirumo公式サイトに移動します

irumoサイトで他社から乗り換えでdポイント貰える!

irumo
  • 【SIMのみ】エントリー不要+他社から乗り換え+0.5GBプランを契約するとdポイント3300ポイント貰える!
  • 【スマホ】エントリー不要+irumoを新規or他社から乗り換え+ドコモオンラインショップで対象スマホ契約でdポイント10,000ポイントプレゼント
    ※貰えるdポイントは「期間・用途限定」

キャンペーン詳細は、irumo(イルモ)キャンペーン・割引まとめ記事をご覧ください。

  • この記事を書いた人

荒巻大輔

NueCOではドコモの料金プラン「irumo(イルモ)」のキャンペーン情報・新規契約・他社から乗り換えで契約する方法・AndroidスマホやiPhoneを使う方法を分かりやすく解説します。 全てのコンテンツを荒巻大輔が執筆・監修しています。適当な外注ライターの記事は1つもありません。

-irumoでiPhoneを使う